iPhoneでネットを閲覧している最中にAppleセキュリティと書かれたポップアップで「ウィルス感染」や「セキュリティの弱点がある」という画面が出ることがあります。しかしこれは偽物の警告です。Appleセキュリティ詐欺に引っかからない方法を学んでください。 iPhoneは「ウイルスに感染しない」、それはもう過去の話です。もしiPhoneのウイルス感染を疑っている場合は、チェックしましょう。この記事では、iPhoneがウイルスに感染しているかチェックする方法と対策を解説します。 AndroidスマホやiPhoneでよく見られ、毎日とても多くの人が遭遇しています。 こうした「警告画面」について、2007年からセキュリティソフトのレビューを続けている私が詳しく解説します。 「あんしんセキュリティ」アプリをiPhone・iPadでご利用する時に必要な設定をご紹介します。迷惑メール、迷惑電話、ウイルス、危険サイト、個人情報漏洩といったさまざまな脅威へのセキュリティ対策機能を1つのアプリにまとめてご提供します。 スマホでインターネットを見ていると、たまに「ウイルスに感染しました」「セキュリティ脅威が発見されました」という表示が出る場合があります。このようなセキュリティ警告の表示は、いかにも不安を煽る文面なので、焦ってしまうかもしれません。 「ウイルスが検出されました」は〝無視〟!iPhoneでサイトを閲覧している最中「警告!Apple iPhoneにウイルスが検出されました」といった趣旨の警告文(ポップアップ)がいきなり表示されたら、とても怖いですよね。 パソコンやスマホを使っていると「トロイの木馬に感染しました」というメッセージが表示されることがあります。しかしこの場合は、ほとんどが詐欺です。ここでは、突然「トロイの木馬に感染しました」というメッセージが表示された場合の対処法を紹介していきます。 よって、Apple社の出している警告ではないということです。 にもかかわらず、iPhone上のアイコンと似ている表示等をしているということは、 偽物の表示である と考えるべきです。 iOSにセキュリティソフトが必要無い理由 標準機能だけでも充分安全なiOS iPhone/iPadもウイルスに感染するの? の冒頭でも説明している通り、iOSに感染するウイルスはこれまでに何度か発見されています。 iPhoneでWi-Fiに接続しようとすると、SSID(ネットワーク名)の下に小さな文字で「Wi-Fiセキュリティに関する勧告」と表示され、接続が確立できなかったり不安定になってしまう事があります。 この文言は、iOS10になってからWi-Fiの安全性のために表示されるようになった文言です。

パソコンやスマホを使っていると「トロイの木馬に感染しました」というメッセージが表示されることがあります。しかしこの場合は、ほとんどが詐欺です。ここでは、突然「トロイの木馬に感染しました」というメッセージが表示された場合の対処法を紹介していきます。 ここではiPhoneでセキュリティ対策する方法を紹介しています。iPhoneではパソコンのようにウイルス対策ソフトなどは必要ありませんが、紛失・盗難などによる個人情報の流出の危険はないとは言えません。iPhone内に保存されている重要な情報を守るため、各種設定・項目を確認します。
iPhone/iPadアプリ「Safari」のプライバシーとセキュリティの設定方法を紹介します。 プライバシーとセキュリティを設定すると 「CookieとWebサイトのデータ」の取り扱いなどを設定することができます。また「フィッシングサイト」のブロックなどの設定もこちらで行います。