診療放射線技師ってどんな仕事なの?と医療系資格を目指す「学生の方」向けに、仕事内容から向き・不向き、やりがい・大変さ、年収、将来性、資格取得の方法、気になる残業時間などなど・・やさしく、分かりやすく解説いたします。 放射線技師になるための試験は、受験するのに次の条件をクリアしなければなりません。 ①診療放射線技師の履修がある専門学校・短大・大学を卒業(or卒業見込み) 短大や専門学校は3年、大学は4年が受験条件 ②医療専門学校卒業者は1年間の履修でOK 4年制大学・短大・専門学校の違いは何ですか? また、診療放射線技師になるには、この3つのどれに行くのが1番良いのでしょうか? 給料・卒業後の事・仕事場での立場など、色々な点を考えていただけると嬉しいです。 ちなみに現在高2の女です。 お答えお待ちしています!

大学もしくは専門学校どちらを卒業したかどうかで 実はお給料に違いがあるんです。 例えば、とある病院の臨床検査技師の給料を見てみると、 短期大学・専門学校(3年制)卒:200,970円. 診療放射線技師は、一般人にも馴染み深いエックス線(レントゲン)撮影を行うことから、「エックス線技師」「レントゲン技師」などと呼ばれることもありますが、「診療放射線技師」が正式な名称で、国家資格に合格した免許保有者です。 放射線技師を目指す高校生をもつ親です。現在、子どもを大学に行かせて放射線技師にさせるか、、専門学校に行かせて放射線技師を目指せるか悩んでいます。都内に住んでいますが、放射線科のある大学は倍率がかなり高く、15倍のところも 診療放射線技師になるためには、まずは国の認可を受けた学校(養成校)に通って国家試験の受験資格を得る必要が。今回は養成校のうち、全国の「専門学校」の偏差値・学費なども含めてご紹介します! 診療放射線技師の学歴に関しては、従来は短期大学もしくは専門学校の出身者が多く見受けられたが、近年では診療放射線技師の高学歴化が顕著となり、四年制大学、さらには大学院出身者が大幅に増加する傾向にある。博士号取得者も増えてきている。 大学(4年 …