固定ipアドレスはプロバイダーの料金としてみると高額になりがちですが「なるべく安く使いたい。」という人は多いはず。この記事では固定ipを提供しているプロバイダーを徹底比較して、その中でも安価でおすすめのサービスをお伝えしていきます。 フレッツ光で固定IPアドレスを使うには、固定IPアドレスに対応したプロバイダとの契約必要です。 OCN、ビッグローブ、So-netなどの大手プロバイダも固定IPアドレスに対応していますが、標準対応でなく、オプションで別途契約が必要です。 「ntt ocn固定ipアドレス」とはその名の通り、ocnからいつも同じ番号が割り当てられるipアドレスのことです。わざわざ固定と表現することからわかるように、通常のadslや光回線サービスなどでは、割り当てられるipアドレスが変化します。 ocnの固定ipアドレス。「ocn 光フレッツip1はアクセスラインに「フレッツ」を利用した、高速ブロードバンドサービスです。お客さまのネットワーク構成にあわせて固定ipアドレスを1個割り当てます。固定ipを利用してwebカメラなどビジネス利用から個人利用まで幅広くご利用できます。

ocn光「フレッツ」ip1は、nttグループのアクセスラインに対応し、固定ipアドレス等を利用できるインターネット接続サービスです。お申込みから開通のご案内までの3つのアクションを紹介します。